専業主婦でもお金借りれるカードローン

専業主婦でも家族に内緒で借りれるの?漫画で解説!

6コマ

 

 

主婦が家族に内緒でお金を借りるには…

 

専業主婦は収入がないので、カードローンを利用できないと思っている人が多いです。しかし!専業主婦でも銀行カードローンなら利用できるってご存じですか!?なぜ銀行カードローンは大丈夫なのかというと、総量規制という法律が関係しています。

 

オレンジ

総量規制とは借入総額が、自身の年収の3分の1までに制限される法律です。

 

お金

銀行カードローンは総量規制の対象外となっているので、自身に収入がなくても配偶者に収入があれば借りることができます。さらに銀行カードローンは配偶者の同意書や収入証明書が不要で、契約者本人の身分証明書があれば借りれるのでバレる心配はありません!(消費者金融の場合は自身に収入がなければ借りれらい所がほとんどです。)

 

そして、家族に内緒にするためには申込み方法も大切です!必ずインターネットか自動契約機で申込みすることが重要になってきます。

 

インターネットなら来店することなく口座に振り込んでもらえるので、どこにいてもスマホやPCなどで簡単に申込むことができて最短即日融資も可能です!
自動契約機の場合は最寄りの契約機に行って契約しなければいけないので手間が多少かかります。

カードローンについて

 

カードローンを利用してお金を借りるまでの流れは、簡単にいうとこのようになります。

 

申し込み→審査→審査結果の連絡→契約・カード発行→借り入れ

 

 

申し込み方法はいろいろ

 

インターネット、電話、店頭窓口、郵送、無人契約機など様々な方法で申し込むことができます。
自宅に居ながら人に知られずにできることから、パソコンや携帯、スマホを使ってインターネットからの申し込みを選ぶ人が多くなりました。

 

インターネットでは、申し込みボタンを押すと必要な項目(氏名・住所・生年月日・連絡先・収入等々)を入力して申し込みます。

 

郵送による申し込みは、インターネットから申込書をダウンロードしたり取り寄せするか、銀行ATMのそばなどに置いてある郵送申し込み封筒を利用します。

 

無人契約機は、人に会うことなく手続きができ、その場でカード発行までの契約を完了することが可能ですから急ぎの時に便利です。

 

実際に話を聞きながら申し込みをしたいという人は、電話店頭窓口を利用すると良いでしょう。

 

 

どの方法でもいくつかの規定への同意が必要となります。後になって困ることがないようにしっかりと目を通してから申し込みをしましょう

 

 

どんなことを審査されるの?

 

主に、年齢と収入、借り入れ状況を元に審査が行われます。
申告内容に偽りがあると審査には通りません。間違えてしまったときでもウソをついたと見なされてしまいますので気をつけましょう。
借り入れ状況については、少なめに申告したくなりますが、信用情報機関に問い合わせて確認しますのでごまかすことはできません

 

また、審査の最終段階で本当に勤務先に勤めているかを確認するために、電話をかけるところがほとんどです。金融機関名ではなく個人名を使ってかけてきますので、カードローンを申し込んだことを会社に知られることはありません。

 

 

審査結果はどうやって連絡がくる?

 

審査にかかる時間は金融機関によって違います。早ければ30分程度、通常でも当日〜1週間程度です。

 

結果は、電話やメール、郵送で連絡がきます。
インターネットや無人契約機からの申し込みの場合は、その場で知らされます。

 

 

契約内容の確認とカードを受け取りましょう

 

審査に通ったら、契約内容を確認し、契約書と必要書類を提出します。
提出する必要書類は状況によって変わりますが、本人確認書類(免許証など)と本人またはご主人の所得が確認できる書類です。

 

店頭でカードを受け取る場合は、その場で契約書に記入し必要書類を提出します。
郵送で受け取る場合は、契約に関する書類が一緒に届きますので記入し必要書類を一緒に返送します。(契約後にカードが届く場合もあります)

 

必要書類の提出や契約手続きを全てインターネット上で完結できる金融機関もあります。
また、銀行のカードローンなどは、すでに持っているキャッシュカードをカードローンのカードとして使うこともできます。

 

 

これで借り入れできます

お金ゲット

提携しているコンビニや銀行のATMなどから借り入れができます
他に、指定口座への振り込みを行っているところもあります。

 

参照元:バイトでもお金借りれる※即日振込み・家族に内緒で借入可能!
      関西おばちゃんが即日融資でお金を振込してもらえた体験談


このページの先頭へ戻る