主婦でも家族に内緒で借りれるカードローンはあるの?漫画で解説!

4コマ

 

このページではお金を借りたい専業主婦・兼業主婦の人に、
安心して申込みができるカードローンをご紹介しています。

 

スムーズに行けば1時間程でお金を借りるが可能です!

 

主婦の人が最も多くお金を使う理由は?

  • 毎日の生活費
  • 子供の病院代
  • 塾の月謝
  • 家族のためのショッピング

主婦って無駄づかいしてないのに出費がかさみますよね。

 

お金は借りたいけど…親や友達に借りるのも気が引ける…

 

そんな時に、利用したいのがカードローンです。

 

いまでは主婦に嬉しい女性専用カードローンもあるので困った時には上手に利用しましょう!

主婦ならプロミスがおすすめ!


プロミスなら…

  • 大手会社だから安心!
  • 女性専用のレディースプロミスがある!
  • はじめての人なら30日間無利息!
  • 消費者金融で一番の低金利!
  • 最短1時間でカード発行で即日融資!
  • WEB完結なら郵送物もないからバレない!

またプロミスなら契約完了後に【アプリローン】を利用できるので、カードがなくてもセブン銀行から24時間いつでもお金を引き出す事ができます。

 

初めてカードローンを利用する主婦でも、女性スタッフが対応してくれるレディースプロミスがあるので安心して利用できます♪

 

今日中に借りれるところを探している主婦で希望額も30万円以内なら、即日融資してもらえるプロミスがおすすめです。

 

プロミスお申込みはこちら

時間はいいから安く借りたい!

「時間が掛かっても金利が安いところで借りたい」という主婦の人におすすめのカードローンを紹介しています。

 

主婦でも借りれる!おすすめカードローン一覧はこちら!

主婦でも借りれる安心のカードローン!

主婦の方にはコチラがオススメ!

プロミス

プロミス

プロミスはパートやアルバイトなどで安定した収入のある主婦の方が申込み可能です。インターネットから申込んだら来店不要で借入までがスムーズです。

また、初めて利用の場合は30日間無利息で借りれるのでお得です!
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

さらに、急にお金が必要になった時でも即日融資してもらえるので安心です。


>>レディースプロミスの申込みはコチラ

はっじめての〜♪アコム

アコム

収入のある主婦の方なら申込めてるアコムは、初めての利用で最大30日間無利息サービスを受けることができます!

スマホやパソコンから申し込むと来店不要で24時間いつでも利用できるので便利です。また、審査回答は最短30分なので急ぎの場合も安心です!

主婦でも収入をつくれば消費者金融から借りれる?

消費者金融の漫画

2017年の4月から銀行カードローンに対する過剰貸付批判に対して、
銀行側が自主規制を設けた事により即日融資での対応ができなくなりました。

 

専業主婦に限らず、収入のある主婦や会社員であっても最低1日、
長い場合には2週間の審査時間が掛かるよう対応に変化しています。

 

そのため銀行カードローンでは、即日融資を受ける事が出来ず、
2018年に掛けて審査の規制はさらに厳しくなる流れと予想されています。

 

そのため、このページでは主婦でも申込みができる、
消費者金融カードローンなら無利息期間があったり、即日融資も受けられメリットがあります。

主婦のカードローン利用について

専業主婦がカードローンを利用してお金を借りるまでの流れは、簡単にいうとこのようになります。

 

申し込み→審査→審査結果の連絡→契約・カード発行→借り入れ

専業主婦のカードローン利用の流れ

カードローンの申し込み方法はいろいろ

 

インターネット、電話、店頭窓口、郵送、無人契約機など様々な方法で申し込むことができます。
自宅に居ながら人に知られずにできることから、パソコンや携帯、スマホを使ってインターネットからの申し込みを選ぶ人が多くなりました。

 

インターネットでは、申し込みボタンを押すと必要な項目(氏名・住所・生年月日・連絡先・収入等々)を入力して申し込みます。

 

郵送による申し込みは、インターネットから申込書をダウンロードしたり取り寄せするか、銀行ATMのそばなどに置いてある郵送申し込み封筒を利用します。

 

無人契約機は、人に会うことなく手続きができ、その場でカード発行までの契約を完了することが可能ですから急ぎの時に便利です。

 

実際に話を聞きながら申し込みをしたいという人は、電話店頭窓口を利用すると良いでしょう。

 

 

どの方法でもいくつかの規定への同意が必要となります。後になって困ることがないようにしっかりと目を通してから申し込みをしましょう

 

専業主婦はどんなことを審査されるの?

 

主に、年齢と収入、借り入れ状況を元に審査が行われます。
申告内容に偽りがあると審査には通りません。間違えてしまったときでもウソをついたと見なされてしまいますので気をつけましょう。
借り入れ状況については、少なめに申告したくなりますが、信用情報機関に問い合わせて確認しますのでごまかすことはできません

 

また、審査の最終段階で本当に勤務先に勤めているかを確認するために、電話をかけるところがほとんどです。金融機関名ではなく個人名を使ってかけてきますので、カードローンを申し込んだことを会社に知られることはありません。

 

審査結果はどうやって連絡がくる?

 

審査にかかる時間は金融機関によって違います。早ければ30分程度、通常でも当日〜1週間程度です。

 

結果は、電話やメール、郵送で連絡がきます。
インターネットや無人契約機からの申し込みの場合は、その場で知らされます。

 

契約内容の確認とカードを受け取りましょう

 

審査に通ったら、契約内容を確認し、契約書と必要書類を提出します。
提出する必要書類は状況によって変わりますが、本人確認書類(免許証など)と本人またはご主人の所得が確認できる書類です。

 

店頭でカードを受け取る場合は、その場で契約書に記入し必要書類を提出します。
郵送で受け取る場合は、契約に関する書類が一緒に届きますので記入し必要書類を一緒に返送します。(契約後にカードが届く場合もあります)

 

必要書類の提出や契約手続きを全てインターネット上で完結できる金融機関もあります。
また、銀行のカードローンなどは、すでに持っているキャッシュカードをカードローンのカードとして使うこともできます。

主婦がカードローンを借りる理由

主婦がお金を借りる理由としては、自分の趣味のためというのもありますが子供の教育費のためというのも結構あるようですね。

 

やはり多少無理をしても子供には十分なことをしてやりたいと思うのが親心ですよね。

 

主婦がお金を借りれるところと言えば、銀行が運営しているカードローンをイメージする人が多いです。総量規制対象外の銀行カードローンは収入の無い主婦でも旦那に収入があれば借りれるという口コミで一気に広まった事が背景としてあります。

 

ただ、このページ冒頭でもご説明したように、銀行カードローンで借入れをした人の破産者が多数出ている現状があることから、2017年4月頃、国から銀行カードローンに対して規制を批判が高まりました。

 

その事で、銀行カードローンの審査は非常に厳しくなり、特に専業主婦で収入のない人への貸付に制限を設けているのが現状で、今後さらに厳格化すると予想されます。

 

主婦がカードローンを利用した体験談

私は専業主婦で、2歳になる子供がいます。子供ができたので仕事を辞めたのですが、子供が小学校に行くまでは働かないで自分で面倒をみたいと思っています。夫もそうしてほしいといってくれるので、仕事はせずに専業主婦をしています。

 

今のところ夫の収入で何とかやっていけるのですが、わたしがもともとお金の使い方が上手じゃないので、ときどき月末が厳しくなります。
以前に一度、明らかに月末の支払いができなくなるという事態になって、主人に相談したところすごく怒られて落ち込みました。

 

そのことがあって衝動買いとかしないでちゃんとやろうと思って頑張っていたのですが、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、最近また、調子に乗って買い物をしていたらお金が足りなくなってしまいました。今度はさすがに主人には相談できないのでどうしようかと悩んだ挙句、カードローンでお金を借りることはできないか考えました。

 

調べてみたら専業主婦でも借りれるカードローンが結構あることがわかりました。大手銀行や地銀、それから消費者金融のレディースローンなどなど。ただ、消費者金融は金利が高いし、配偶者の同意書が必要なのでやめました。結局、専業主婦にも貸してくれる銀行カードローンに申し込みました。

 

そのカードローンの説明には「ご主人の収入証明書も必要ありませんし、ご主人の職場に電話をかけることもありません」とはっきり書かれていたので、安心して申し込むことができました。

 

ネットで申し込むと、申し込み受付のメールが来て、翌日、仮審査の結果がメールできました。電話もかかってきましたが、しつこくいろいろ聞かれることもなく、本人確認書類を送ってくださいとのことだったので、アプリで送りました。

 

幸い審査には通って1週間ぐらいしてからローンカードが届いて、すぐにお金を借りて危機を脱することができました。銀行のカードローンは金利が低いし、毎月の返済も3,000円でいいので、助かっています。ただ、限度額は低いので、これから家計費の中でやりくりして、また本当に困った時だけカードローンで借りようと思います。