カードローン 選び方

 

はてな

 

カードローンを利用したいと思って調べてみるとその数の多さにびっくりします。
ここが1番!と決めてくれれば簡単なのですが、どこがいいかは借りる側の状況によって違ってくるので難しいところです。

 

 

 

信頼できる金融機関を選ぼう

 

まず前提として、その金融機関が信頼できるかどうかということがあります。

 

貸金業法が改正された2010年以降、業者の数がかなり減りましたので、残っているのは大手がほとんどです。
現在は銀行のカードローン、大手消費者金融のカードローンはどこを選んでも信頼性は問題ないでしょう。

 

しかし違法な金融業者がいないわけではありません
見た目や応対では分からないくらい自然に存在しています。
金利の説明があいまいだったり、少しでもあやしいと感じたら誘いにのらないようにしてください。

 

 

金利は低いほうがいいに決まっている

 

お金を借りたら利息も返さなければなりません。
ほんの少しの違いにみえていても、借り入れ金額が多くなったり、返済期間が長くなれば、その影響は無視できません。
長期的に利用するなら金利は特にこだわって選びたい条件です。

 

一般的に、消費者金融のカードローンよりも銀行のカードローンのほうが低い金利で利用できるといわれています。
ただし、借入金額が高いほど金利は低く設定されています。
通常は利用限度額によって金利が決まりますので、銀行よりも消費者金融の方が利用限度額が高く利用できた場合、銀行よりも金利が抑えられることもあります

 

 

手数料や利便性も

 

借り入れや返済をATMを使ってすることが多いと思います。
提携しているATMが近くにあるか?手数料はいくらか?といったことも見逃せないポイントです。
後になって使い勝手が悪いなんてことがないように事前にチェックしましょう。

 

 

急ぎのときは即日融資

 

どうしても今日中に5万円必要!なんていうときもありますよね。
そんな人にはその日のうちに融資が受けられることが重要な条件です。
早いところでは最短30分で借りられますので、困った時には強い味方になってくれます。

 

 

提出書類や郵送物があるかどうか

 

旦那さんに知られたくないという主婦の方は、収入証明書の提出が不要だったり、自宅に郵送物が届かないところが安心です。
奥さんに内緒で借りたいけれど、源泉徴収票を奥さんが管理しているという人もそうですね。

 

利用限度額が金融機関が指定する範囲内でしたら収入証明書は不要です。
利用明細をWEBで確認するサービスをしているカードローンもあります。

 

 

 

自分のライフスタイルに合わせて、無理なく安心して利用できるところを選びたいですね。

 


このページの先頭へ戻る