主婦 手を出しやすい ヤミ金

 

ヤミ金に手を出す主婦が増えています

 

違法な金利でお金を貸す「ヤミ金」の被害を告白する主婦が相次いでいます。
ヤミ金とは無縁のイメージがある主婦がなぜ違法な業者から借り入れをすることになったのでしょうか。
そこには主婦ならではの背景がありました。

 

 

1.貸金業法の改正

 

貸金業法が改正され「借入総額は年収の3分の1まで」という総量制限が設けられました。
それまで消費者金融でお金を借りられていた主婦が借りられなくなったのです。

 

2.切実な理由

 

主婦が借金をする理由は「こどもの教育費」「生活費」などが足りないという切実なものが多いのです。
自分はいくらでも我慢するけれど子供には我慢をしいれないという気持ちはよく分かります。
また、家族には内緒にしていて、ひとりで悩んでいるケースも多いのです。

 

3.ヤミ金の変化

 

今のヤミ金はひと昔前のイメージとは全く違ってきています。
優しい言葉で近づいてきて対応も丁寧なためにヤミ金とは気づかないで利用してしまうといいます。

 

 

主婦が狙われるソフトヤミ金

 

ヤミ金のなかにはソフトヤミ金と呼ばれるものがあります。
金利、取り立てともにソフトなのが特徴で、従来のヤミ金よりも低めの金利で、物腰やわらかな対応、すぐに強硬手段で取り立てるようなことはありません。

 

その勧誘方法はさまざまですが、お金に困っている主婦にターゲットを絞った求人広告を出して、応募してきた人の相談に親身になって乗っていくうちに契約に持っていくなんていうケースもあります。
すでに契約している人にも同様で、お金の相談以外にも家庭の悩みなども引き受けることで、いわば洗脳していく手口が使われます。

 

洗脳された主婦は、違法な金利だとしても被害に遭っているとは思わないのです。

 

 

主婦もある程度の知識を持ちましょう

メモ

被害にあう主婦のなかには、貸金業に関する知識を持っていない人も多いといいます。
もともと自分には無縁だと思っていた世界なのでしょう。

 

しかしヤミ金は思っているよりも近くに存在しています。
他人事だと思わずに正しい知識を身につけたいものですね。

 

 


このページの先頭へ戻る