収入証明書 要らない カードローン

収入証明書が要らないカードローン

 

カードローンを契約するのに提出が求められる書類は、主に、免許証などの本人確認書類と、収入証明書といわれるいくら収入があるかを証明できる書類の2つです。

 

収入証明書として提出できるのは以下のようなものです。

書類

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書

 

こういったものの提出を求めるのは、借り過ぎや貸し過ぎを予防するために改正された貸金業法のためです。
本人確認書類は比較的すぐに用意できるかと思いますが、収入証明書の準備は少し手間がかかるかもしれませんね。
源泉徴収票を破棄してしまったとか、奥さんが管理していてどこにあるか分からないという人も多いかと思います。

 

 

収入証明書がいらない場合もあります

 

消費者金融業者は、貸金業法によって収入証明書の提出を求めることが義務付けられています。
ただし、利用限度額が50万円を超えるか、他の貸金業者との借入総額が100万円を超える場合です。
消費者金融大手のアコムやプロミスも、この条件に当てはまらなければ収入証明書の提出は不要なのです。

 

銀行については貸金業法の規制対象ではありませんので、無条件で収入証明書の提出を求めないカードローンもありますが、独自の条件を決めているところがほとんどです。
例えば、じぶん銀行は利用限度額300万円、みずほ銀行は200万円まで、新生銀行レイクは100万円までなら収入証明書の提出は不要です。

 


このページの先頭へ戻る